パソコン・インターネット

2015年7月29日 (水)

Windows10サポートはじめました

Windows10のサポート、お任せ下さい。
 
 
※ とはいえ、アップグレードは慎重に。時間もかかるしリスクはあるし。
 
本日、7月29日、Windows10への無償アップグレード、開始初日。
 
だけど、そんなにすんなりうまく行くとは限らない、ということのようです。
 
サポートの存在価値が際立つこと、喜んでいいのやらよろしくないのやら。
 
例えば、弊方のNECデスクトップ。フルハイビジョンモニタが、当初、昔懐かしい小さな画面で表示なんてことになってる。さらに、121ポップアップのアプリに互換性が無くて、パソコンを起動するたびにエラーメッセージが表示されてウザいです。これをアンインストールしようとしても、互換性が無いという拒絶のメッセージにて、プチ袋小路化。結局、外部のアンインストール専用ソフトが必要となった。WinDVD BDforNEC起動しなくなったけど、WindowsDVDプレイヤーなる初対面のアプリでDVD鑑賞はできたからまいっか。などなど。
 
修行が足りません。
 
 
そもそも、Windows Update経由でアップグレート、順番が来るまで待ちますよ、てことになると、いつになるやらわかりません。弊方のWindows8.1機はすぐ更新開始となったけど、何度も何度も失敗していた。こういう経緯が、履歴を見てわかった。さらにいえば、弊Windows7機群については、何の音沙汰もない。
 
ということで、待てないあなたのために、今回はWindows10のISOイメージが公開となってます。私も早速、ダウンロード。今このブログは、Windows7→Winows10上のMicrosoft Edge(IE後継ね)で書いております。
 
貴兄もいずれ、無償アップグレードの1年の期間内に、Windows10への移行を御決断されるでしょう。経済合理性から。でも、実施は何も今でなくてもいい。石橋を叩いて、誰かの後から渡る、みたいな。それでも待てずに着手して、トラブル、こういう場合は、マッチポンプだなんておっしゃらず、パソコン出張サポートサービスをご活用下さい。進退窮まる状況で、「助かる」度合い「大」のわりに、サポート料金て手頃だよね、そう実感いただけると思います。
 

2015年3月12日 (木)

みんなのHTTPS

独自SSLの敷居が下がったね、というお話。

こうして記事を書いてる私はといえば、IT苦手がデフォルトのオヤジ世代に違いないのですが、その苦手意識は過去にトライして努力空しく敗退したトラウマの蓄積が原因なのであって、もはやトライすらしなくなっているところに問題の本質があります。で、本題ですが、最近SEO(検索エンジン最適化の話ですね)業界あたりで話題沸騰のSSL(暗号化の件です)化なんて、その設定がいかにもややこしそうで、いや実際にかなり複雑なのですけど、食わず嫌いになってる。

でも、ここで一度、騙されと思って、今日あたり、試してみましょう。SSL化は、結構シンプルになってます。相手を間違えなければ。失敗しても高い授業料を払ったといえるほど損もしない。SSL証明書が900円で売ってて数分で手にできる時代です。難しいトコにはサーバー会社さんがたっぷり砂糖をまぶしておいてくれてて、知らないうちにするっと喉を通り、安価なSSL化がものの数十分で完了してしまったりする。

余計なことを考えなければ、ですけど。

ひとたび脇道にそれると、そこはそれ、密林が待ってるわけです。わたしがそこで払った授業料は、SSL証明書2つ分。一昔であればSSL証明書って6万円ぐらいしたでしょうか。今回のはひとつ900円だからこそ、やんちゃな実験もできるというものです。

今夏には無料のSSL証明書が配布されると報じられています。今までも無料のはあったけど、紹介記事を読む限り、一般ユーザがおいそれと手を出せるほど簡単な代物には見えません。今回、SSL化の敷居が一気に下がったように感じるのは、やはりサーバー会社様が、使える証明書の出自を問わず、というようなスタンスで、ベストセラー価格帯に料金増額無しでSSL化できるサービスを提供してくれたところ、ここがポイントなのだと思います。

夏まで待つ必要はありません。これはリスクヘッジです。ある日、ふと気がつくと競合他社のサイトのSSL化が進んでいて、相対的に自社サイトが不利になっている。そんな悪夢を未然に防ぐための、保険のようなものと考えることができるでしょう。新規サイトとして作り始められることをお薦めいたします。

2014年10月 4日 (土)

Windows10の保守性安定性を心配する

Windows8.1は、PC慣れしたお客様にとっても10年以上もやってるようなサポート業者にとっても、いや~な壊れ方をする、ことがありますね。起動しないからセーフモードという次善の手段を試そうかなというのに、Windows8.1のセーフモードは、Windows8.1が正常に通常モードで起動してから、セーフモードへ行けと命令せよという、鬼のような、そういう困った設計になっている。

あたかも、鶏が先か、卵が先か。手詰まりとなって、ユーザはここで解決への選択肢を一つ失うことになる。保守の場面はあまり考えられてないのでは。舞台裏とか、楽屋とか、あんたら入って来なくていいですから、そう言われているかのような疎外感。最新製品では、壊れるとか不安定になるとか、そうことはもうあり得ないですので。そういう確固たる自信の発露であったのでしょうけどね。

ところで、Windows8.1の後継がWindows10と呼ばれること、昨月末に発表されましたね。プレビューも入手可能となっているのですが、これに伴いMS社から提供されたプレゼンの動画では、フィードバックをくれと、テストユーザの貢献が求められている。ポーズの意図も無いわけではなかろうが、この数か月で集めた意見を製品に反映するという。製品発売まで1年ぐらいしかないね、慌しい話であるね、と。保守性と安定性がおざなりにされるパターンにならないかねと、不安になって来るものです。

そりゃね、WindowsMEなんてのが売ってた時代から考えれば、Windows7は随分と安定した「良い子」であると、これは間違いないです。だけどね、そのWindows7ですら、時として、インストールメディアを持ち出して手動のスタートアップ修復をかけるなんてことが必要になってましたね。ちょっと時代遅れではございませんか。光学ディスクドライブなんてついてない機種も多いというのに。

Windows10のデモを見る限り、オイラはWindows7のままでいいかな、そう感じるユーザが少ないということにはならんでしょうね。だけど、第二回東京五輪の年の1月にWindows7はサポート期限切れとなって、この4月のWindowsXPの悲劇をまた繰り返すことになる。そのとき後継候補の1つとなろうWindows10の操作が、Windows7に近い(少しだけ先祖返りした)、というのは、ご同慶の至りでございます。

それにしても、である。「Seven ate nine」とギャグでお茶を濁してはいたという。だけど、Mac OS Xより「一つ少ない」という状態を嫌がった、というのは無かったのだろうか。

2014年1月24日 (金)

数字だけ8文字以上のメールアドレスでマイクロソフトアカウントが作れない?

JCOMさんのインターネット接続サービスをご利用のお客様は茅ヶ崎市と藤沢市では多数派といえますね。で、その連絡用アドレスとして各ユーザに割りつけられている10桁数字のメールアドレスの話です。この連絡用アドレスをマイクロソフトアカウントとして利用しようとする場合、泥沼にはまる、という現象があるように思います。
※違ってたら教えて下さい。

色々試した。@より右のドメインをJCOMさんのものから弊方のサービスで契約し用いている独自ドメインに変えても同じ、エラーとなりますね。7桁数字はOKのようです。8桁~11桁で試してみると登録できない。11桁目を英文字にすると、登録可。ううむ、解せません。

Outlook.comなどのフリーアドレスを新規に取得すれば特に問題も無いのだが、これまでJCOM連絡用アドレスでマイクロソフトアカウントを作ろうとした方は、どうされていたのだろうか。英文字のメールアドレスを追加取得するなど、皆様ご自分で回避方法を編み出されてらしたのだろうか。はたまた、こんな面妖な連絡用アドレスをWindows8のログイン用のアカウント名に使用しようとするなんてモノ好きはこれまでいなかった、ということなのでございましょうか。

2014年1月12日 (日)

IE11はダイヤルアップなんて知らなかったことにしますのでヨロ

わが国でも1300万台ものマシンとユーザを置き去りにして、この4月9日にその使命を強制終了させられるWindowsXP。

そういうコトを平然とやってきた作り手さん。そのせいで祇園精舎の鐘の声になってしまったわけでもないのでしょうけど、またかと、多少乱暴なコトがあってももうあまり驚きません。でもそれでも、阿鼻叫喚です。なにしろ、ある日、「WindowsUpdateしたら、インターネットが見れなくなった」、そういうお電話をお客様からいただきましたから。

被害甚大、です。

InternetExplorer11(IE11)は2013年11月からWindowsUpdate経由で順次インストールが開始され、弊方のWindows7機でもごくごく最近IE11となった。そのインターネットオプションに、ダイヤルアップのオプションが消えていたこと、さすがに気が付きませんでしたね。ダイヤルアップのユーザ様も今ではそれほど多くはありませんし。でも、パソコンが一台のご家庭では、ブロードバンドルーターを使わずに、直接ダイヤルアップの形で(PPPoE)接続設定することはあります、今でも。

万代不易、ポジティブにとらえます。

で、これまでこうしたダイヤルアップ設定がなされていた場合、ブラウザを起動すると、自動的にダイヤルアップが行われる。ところが、ブラウザがIE10からIE11になった途端、うんともすんとも言わなくなる。故障か、という話になる。設定させていただいたお客様なら、すわ、問題発生か、ということになる。

五里霧中、でしょう。

この問題への対応方法として、ブロードバンドルーターを介在させる、という手法に加え、手動で事前にダイヤルアップで接続してしまう、という方法が紹介されています。これ、ユーザの方に納得いただくの、結構大変です。利便性が損なわれる、あるいは、費用が突然発生することになるから。

疲労困憊、しました。

2013年12月 6日 (金)

WindowsXPのキラーアプリとなるのは、どれ?

そりゃあなた、パソコンにとってのキラーアプリケーションといえば、Wordであり、Excelであり、メールプログラムそしてブラウザでしょ、昔から。そう、特定少数の応用プログラムがプラットフォームの魅力を決定的に高めることになった、それは確か。これまでは。

でも、そのプラットフォームに引導を渡すのが、特定の悪意あるプログラムである、となる可能性も、今となっては否定できない。2014年4月にはサポート切れとなるWindowsXPは、まだ多くのユーザが残存していて、サポート切れまでに移行することが予算の都合などで間に合わないケースも予想されている。

別にWindowsが突然起動しなくなるわけでもないから、特に不都合がなければ使い続けてもいいじゃん、そう考える方も少なくなかろう。しかしながら、もはや更新されないプラットフォームがマルウエアを繰り出す輩の格好のターゲットにならないわけがない。ある日、新たに発見されたセキュリティホールを悪用するマルウエアが登場して、WindowsXPは終焉を迎える。そのきっかけとなったアプリこそが、WindowsXPに止めを刺したキラーアプリと呼ばれることになるのだろう。キラーというのは、そういうネガティブな用法がむしろしっくりとくる。

聞くところによると、マルウエア製造業界で日本は次の有望なターゲットとして取り沙汰されているそうで、マーケティングの目的だろうか、西欧仕様のマルウエアが日本語化されて送られて来る。最近では、個人フォルダ内のすべてのファイルを暗号化して、復号化してほしければ金払え、というようなローグウエアも存在するそうだ。

ポストPC時代と呼ばれるなか、激増するマルチデバイスのほうをターゲットにすればいいのにと思うのだが、パソコンへの悪意ある攻撃は依然として止むことがない。最新のプラットフォームを出来るだけ多く売って利益としたいメーカーと、旧いプラットフォームでお茶を濁して余計な出費を抑えたいというユーザとは、同じ夢を見ることなど到底かなわぬ関係にあるんでしょうかね。双方の思惑のギャップにつけ込む第三者が立ちまわるあたり、あまりにありがち、陳腐なドラマのステレオタイプな人間模様を彷彿とさせます。思わず笑ってしまうポイントとして設計されてるんだよな、これきっと。

2013年10月10日 (木)

ドメインWhois代理公開を盲信するな

治安の良さは世界有数であることは確かながら、凶悪事件が増えてきているような気がしてならない昨今。インターネットのサイトを運営するなら、運営者自身の個人情報保護も念には念を入れて、これは言うまでも無い。

ドメイン登録業者のサービスには、Whois代理公開という機能が含まれていることがある。ドメインを使うユーザ側の情報を秘匿し、登録業者の情報で代用するサービスだ。かくいうわたくしもこのサービスをとっても頻繁に活用しているのだが、これ、盲信はすべきでない。

昨月のことだが、国内最大手クラスのドメイン業者からメールが来て、手違いにより、1週間以上、Whois情報が公開になってました、ご免なさい、ということだった。その上、今でも、その時期にあたかも所有権の移転があったかのような、そんな事実は無いのだが、そんな痕跡がWhois情報にくっついたままになっている。

おいおい?

法人所有のドメインだったし、公開されて困ることもないのだが、わざわざ秘匿してるものが、ある日突然暴露される可能性、ということについて実感したのでここにメモしておきますね。

例えば米国GoDaddyとか、年間千円ぐらいかかるのです、このWhois代理公開は。国内では、それが実質、タダ。タダなんだから文句も言えないのだけど、漏洩して困るものが漏洩したのなら、本当はもっと怒り狂ってもいいのだろう。要するに、タダのサービスなんて、信用できませんよ、ということだ。

もう一つ実例を。

ドメインを取得したのはいいのだけど、1年たって、やっぱいらんわ、更新しなくていいかな、そういう枝刈りの意思決定を経て、ドロップ。このように利用権を手放す場合、有効期限切れから一定期間、インターネッツの世界全体にグローバルにワールドワイドに開陳されてしまうことがある。現実の話だ。今、うちの法人のドメインだったものが一つ、そうなっている。とある地名の日本語ドメインだ。あああ恥ずかしい。更新期限までは秘匿されてたはず、Whois代理公開となっていたはず、にもかかわらず、今、pendingDetele状態(もうすぐ登録完全抹消になりますよという意味)となってさらに見てみれば、我が社のWhois情報が正々堂々白日のもとに公開されてしまっているではないか。これも前述の国内最大手クラスのドメイン業者。別に公開されて困るわけでもないけど、みっともないね、予算が限られててみたいな事情が滲み出ているようで。ある種のペナルティーですかね、更新しなかったことへの。あるいは牽制とか、更新を迷うユーザへの。

以前、V某という名前のレンタルサーバでも、同じようにドメイン期限切れと同時に秘匿されていたWhois情報が公開となってびっくりしたことがある。そこもWhois代理公開は無料だ。こうなってくると、もはやWhoisは秘匿できないもの、そのように考えていた方が、腹もたたないですわな。

2013年8月 9日 (金)

ブログも感染(?)する夏

トラフィックもそれほどない、小じんまりしたオイラのブログなんて、攻撃されるわけないじゃん。

そういう常識がもう通用しない時代。あなたのサイトが攻撃対象となる日。コメント書き込みを知らせるメールが大量に送られ、恐くなってコメント欄を封鎖しても、メールは3日ぐらい続く。大量送信で一度メールサーバに受信拒否したものが、再送の形で、ぱらぱらとやってくる。

おそるおそる、管理画面を開く。管理画面を乗っ取られていないなら、まあ、いいとしましょう。それでも、内容の無いコメント、見知らぬユーザ登録、これらが大量にシステムを埋め尽くす。あたかも、パソコンがウイルスに感染したときの状態を見るような。いまさらながらMTOS大量コメントスパムへ応急措置という記事にて、新しいブログで紹介させていただきました。

ココログもこのところ、画面の上に大きな広告が表示されるようになって、美意識が悲鳴をあげています。そこで今後しばらくの間、記事はさきほどの新しいブログのほうでアップさせていただこうと思います。そちらのほうにも、ぜひお立ち寄り下さい。

2013年6月12日 (水)

コン活の作法、この夏の温故知新

お見合いを最適化するために、最初の20人で様子を見てGOのラインを決め、次からはそのラインを超えた最初の相手にGOを出す、そんな作戦があると聞いた。大昔。

婚活の作法、ということだろう、今ふうに言えば。

なんで私が断られたのだろうと訝る若い貴君には、あなたは最初の20人だったんだよ、って肩をぽんとたたく、そういう救いも生むわけで、この作戦の存在も捨てたものではない。だけどこの作戦には時間軸の効果が考慮されていない。毎週一人とか悠長なことをやっていると、最初の20人とその後の20人でレベルが変わってくる。下方に。すると永久にGOを出せない無限ループ。無間地獄への引導を渡す悪魔のロジックと化してしまう。

待つと永久にGOが出せない、似たようなことはパソコン購入の場でも言われてきた。コン活、ですか。ベタで恐縮です。

WindowsXPが来年4月に実質的に使えなくなるという、某社の都合に振り回されるのも面白くない、そうお感じの諸兄も少なくないはず。とはいえ、地デジ化のときでも、どこかで暴動が発生したという話はとんと聞かない、ものわかりのよい私たちのお国柄。この夏にはWindowsXPから乗り換えるために、量販店に足を向ける。そこに広がる景色は、すでにコモディティと化したパソコンの安値競争の阿鼻叫喚。
 

BTO()。今の品質と納期がどうなっているか、ネットでチェック要。

型落ちを狙えとか、展示品をさらに値切れとか、過去に(昨月の前記事でも)申し上げました。忘れて下さい。最新製品が、すでに安い。時間に余裕があるなら、2週間程度ウォッチしたほうがいい。全然割引の無い高い週というのが確かにある。そこで買ってはいけない。2週間でGOのラインを決め、その後最初に出会った合格ラインの製品にGOを出す。円安も一段落の今、総じて値段はどんどん下がってゆくから、GOは出しやすい。GOを出したら、あとからどんなに値段が下がろうと気にしない。そもそも量販店に行く必要などもうないはずだ。

商売柄、量販店での価格推移をウォッチしている。量販店ではアウトレットコーナーのようなものがあって、かつてはそこにお値打ちの商品が置かれていた。今は違う。なんとも魅力の乏しい、高くて、古くて、いかにも不良在庫でございとの扱いを隠さない。状況は変わった。最新製品である必要もないが、同じような値段でわざわざ型落ちを選ぶ理由などそもそも存在しない。

2013年5月26日 (日)

Windows8.1待ちの一家にたった一台パソコン新時代

湘南国際マラソンの申込を家族に頼まれて代行した。これが年に一度、ウェブ上での激烈な競争を勝ち抜く季節の風物詩。天野春子が小泉今日子だった頃、10時に皆で一斉にぴあに電話をかける、あのプラチナチケット争奪戦を彷彿とさせる。

その予約システムRUNNETは、誰もが確率的に機会均等となるよう設計されているが、努力をする人、工夫をする人、そして事前によく調査して準備をする人がそれなりに報われるような仕様となっていた。そういう抜け道を探すインセンティブにつながってしまうのだが、ここらへん、SEOにも似たトコがある。来年どうなっているかはわからない。今年はどういう秘訣で勝てたのか、ご興味ある方にはフェイストゥーフェイスでお尋ねの場合に限り、お話させていただくのも吝かではござらぬ。

さて、ポストPC時代である。なのに恐縮ながら、Windows8.1関連、十年一日の如くパソコンの話題である。待つべきか、今買うべきか。2013年夏のボーナス商戦迫る。Windows8.1は今年後半。来年4月WindowsXPサポート切れの喧伝。

さん> でしょ。(ブレイク中の林先生の声を真似て)

つぁん> どうせ買うならね。だけど、買わないというオプションがあるよ、この時代。

すでに主戦場はタブレットに移行した。4月のノートパソコン出荷30%減、なにしろポストPC時代である。メディア的には過去完了形。だけど湘南地域の量販店をまわってみると、タブレットを展示する面積は確かに増えてきているものの、ボリューム的には依然、主役はノートである。タッチ非対応の。消費者の意外に保守的な購買嗜好を映したものということだろうか。はたまた電車で1時間は立派な鄙ということか。
 

パソコンも一家に一台の時代。増えて1台じゃなくて、調べ物用に一台あればいいかという、減って一台の時代。低価格化が進んだから、わざわざボーナスまで待つこともない。有名ブランドのものでも5万円代から十分な性能の新品ノートパソコンが買える。稼働中の膨大な数のWindowsXP機がこの10カ月で本当に全部リプレースされるとなると、この夏に一つのピークがやってくるのは間違いない。Windows8.1は無料ダウンロード。ハードもスペックに劇的な変化はなさそう、すでに性能十分。あとは、価格。

通販慣れした辛口の諸兄も、もしご興味があれば、お時間のあるときに量販店を回ってみると、国内ブランドが意外に魅力的な価格であること、在庫があって即調達できること、そして、同じ機種でも週によって10%以上表示価格が違うことに驚かれるに違いない。単調減少ではなくて、上がったり下がったり、なのだが。

円安で部品も本体も実勢価格の上昇傾向が予想され、底値を狙うとずっと買えなくなる。高い週に買うのは避けたい気持ちもわかる。5月に出たばかりの夏モデルを今買えばそりゃ高いでしょ。型落ちで半値ぐらいのところを狙う、展示品で処分価格のものをさらに値切る、こういう定番の作戦を推奨することに変わりはない。だけど、そこそこ納得できる値段なら、気に入った在庫を「今でしょ」と買ってしまう決断力。値上がり基調の時代にはこれが重要となるのかもしれない。

早すぎて失敗してもたかが知れてるが、遅きに失するとずるずるずっと買えなくなってしまう地獄が待っているかも。いや待て、それがあるいは、脱パソコンの消極的でしかし新時代への前向きなアクションのきっかけとなるのかもしれない。だから、世の中先はわからない。これが結論。

より以前の記事一覧

パソコントラブル?

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ