« 2015年11月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年3月

2016年3月 2日 (水)

AIはファッションだよねと猫は遠くを見る目にて

 
AIと書いて愛と読む。
 
あるいは「あい」と読んで「Story」で知られるシンガーのAIさんを想起する。
 
または、医師にして小説家の海堂尊さんがその必要性を強く訴えて来られたことで知ることになった方も多いでしょう、オートプシー・イメージング。こちらはAiと略記するようですが。
 
いずれにせよ、まーたムリしちゃって。意地でも、人工知能と読まない。
 
それが、隠れAIerの嗜みです。
 
隠れキリシタンならぬ隠れAIer。
 
あなたの専門は何ですか。そう尋ねられて、人工知能です、そう答えるのは勇気がいりました。しかし2010年以降は、これが胸を張ってできるようになりました。深層学習と呼ばれる技術が驚異的な成果をあげてくれたおかげです。IBMのWatsonがクイズ番組ジェパディーで人間に勝ってくれたおかげです。Googleの自動運転車が注目され、iPhoneのSiriが評判となったおかげです。
 
日本でも、ロボットタクシーの公道実証実験が始まりました。それも、藤沢市で。報じられる映像の背後に映りこむイオンは、湘南ライフタウンのイオン藤沢店でしょうか。
 
湘南地域には、隠れてるかどうかは別にして、AIerさんは多くおいでのことと存じます。かつて「第五世代コンピュータ」国家プロジェクトに関わられた、とか、企業にてエキスパートシステムなるAIアプリケーション開発に従事された、とか。
 
その後の氷河期を経験してAIはもう懲り懲りですと考えるのも無理は無いです。一方で、まさかまたブームが来るとは思わなかったと、大チャンス、あるいはやり残した宿題をフィニッシュする機会と捉えるか。人それぞれでしょうね。
 
私は、チャンスと考えます。
 
事情を知るお客様のなかには、今やってるパソコンサポートサービスを放り出すのかと、お尋ねの方もおいででした。いいえ、続けます。きっちりと。ずっと。動ける間は這ってでも。
 
何しろ、AIはファッションです。モードです。流行は繰り返す。技術は変遷する。また氷河期が来る可能性は小さくありません。地域密着系の地味でコモディティな商売と組み合わせるのは、生き残り戦略として悪くないでしょう。けど、パソコンサポートって、AIが普及する段階で真っ先に奪われる仕事っぽいですよね。AIによって最初に失業するのがAIerだなんて、なんとも皮肉なことですね。
 
ということで、AIerがすなる、パソコン出張サポート。それなりにナチュラルなポートフォリオの形をしてると思います。ややこしい事情は透明性を確保しながらも背後において、わかりやすさを訴求したのが「猫型」です。今後ともご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年8月 »

パソコントラブル?

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ