« 縦のものを横にするtips | トップページ | 電話帳ダイエット »

2014年10月 4日 (土)

Windows10の保守性安定性を心配する

Windows8.1は、PC慣れしたお客様にとっても10年以上もやってるようなサポート業者にとっても、いや~な壊れ方をする、ことがありますね。起動しないからセーフモードという次善の手段を試そうかなというのに、Windows8.1のセーフモードは、Windows8.1が正常に通常モードで起動してから、セーフモードへ行けと命令せよという、鬼のような、そういう困った設計になっている。

あたかも、鶏が先か、卵が先か。手詰まりとなって、ユーザはここで解決への選択肢を一つ失うことになる。保守の場面はあまり考えられてないのでは。舞台裏とか、楽屋とか、あんたら入って来なくていいですから、そう言われているかのような疎外感。最新製品では、壊れるとか不安定になるとか、そうことはもうあり得ないですので。そういう確固たる自信の発露であったのでしょうけどね。

ところで、Windows8.1の後継がWindows10と呼ばれること、昨月末に発表されましたね。プレビューも入手可能となっているのですが、これに伴いMS社から提供されたプレゼンの動画では、フィードバックをくれと、テストユーザの貢献が求められている。ポーズの意図も無いわけではなかろうが、この数か月で集めた意見を製品に反映するという。製品発売まで1年ぐらいしかないね、慌しい話であるね、と。保守性と安定性がおざなりにされるパターンにならないかねと、不安になって来るものです。

そりゃね、WindowsMEなんてのが売ってた時代から考えれば、Windows7は随分と安定した「良い子」であると、これは間違いないです。だけどね、そのWindows7ですら、時として、インストールメディアを持ち出して手動のスタートアップ修復をかけるなんてことが必要になってましたね。ちょっと時代遅れではございませんか。光学ディスクドライブなんてついてない機種も多いというのに。

Windows10のデモを見る限り、オイラはWindows7のままでいいかな、そう感じるユーザが少ないということにはならんでしょうね。だけど、第二回東京五輪の年の1月にWindows7はサポート期限切れとなって、この4月のWindowsXPの悲劇をまた繰り返すことになる。そのとき後継候補の1つとなろうWindows10の操作が、Windows7に近い(少しだけ先祖返りした)、というのは、ご同慶の至りでございます。

それにしても、である。「Seven ate nine」とギャグでお茶を濁してはいたという。だけど、Mac OS Xより「一つ少ない」という状態を嫌がった、というのは無かったのだろうか。

« 縦のものを横にするtips | トップページ | 電話帳ダイエット »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows10の保守性安定性を心配する:

« 縦のものを横にするtips | トップページ | 電話帳ダイエット »

パソコントラブル?

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ