« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月 5日 (金)

縦のものを横にするtips

日本語は面白いです。

何を今さら。英語も流暢でもなければ、ドイツ語も忘れた、そんな御仁に面白いですねと言われても、日本語さんだって嬉しくは無かろう。

私たちの業界、大雑把に言えば消費者向けのITサービスって括りとなりますが、「縦と横」といった場合、今のところ、まっさきに思い浮かぶのが、ウェブサイトの縦書きの件かと思います。

あるいは、ものぐさは技術進歩の種とばかり、縦のものを横に、あるいは逆に横のものを縦にと言っても正しいようですが、そういう日常的な作業を簡便に代行してくれる、安価な家庭用のロボットがあれば、ビジネスになるでしょうな。ロボット特区の辺縁系に暮らす者ゆえに興味あるテーマですが、そういう話はまた今度。

今日は、もっと卑近なテーマ。縦置きスリムデスクトップを横に寝せて延命する。そういう話。

パソコンの寿命は3年~5年です、とか言っておりますが、その本人が日頃使っているWindows8.1Updateのスリムデスクトップの筐体には自慢ではありませんが、Vistaのシールが貼ってある。要するにOSだけアップグレードしたわけですね。で、これぐらい古くなると、さすがに不具合が時々顔を出します。その最も致命的に思われたのが、突然のブルースクリーン。その後、何度電源を入れ直しても、デスクトップが表示された直後に、落ちる。修復するために筐体の蓋を開けて(よい子は真似ををしないようにね)必然的に横に寝せた状態で起動すると、意外なことに、ちょっと安定する。CDブートのLinuxではハードディスクを認識しなかったので、もしやと、ちょこちょことシリアルATAケーブルを弄ってやると、あら不思議、けろりと正常に稼働するようになった。

これ、シリアルATAケーブルの接触不良、ってことなのでしょう。保証期間中なら、ケーブル交換しますた、なんてお手紙付きでメーカーさんから帰ってきそうな事例です。このまま横に寝せたままで使うことにしました。これまでのところ問題発生せず。

縦のものを横にせよと、対症療法のようなコツのようなtips、サービス提供者としては隠しておきたいですね。格好悪いですもの。『売れる』ノウハウのような体系を成してませんから。ポートレートからランドスケープへ、なんて表現にしときましょうか。

だけど、あなたもわたしも、家に帰ればいちエンドユーザ。パソコンの利用者としては、ある日突然深刻なトラブルに直面して、藁にもすがる思いでこういうtipsを片っ端から試していく。そのtipsのうちの一つがビンゴで救われました、って話はよく聞きます。えっと、縦のものを横に、でした。恥ずかしさを堪えて、あるがままの形で、ここにメモを残させていただきます。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »

パソコントラブル?

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ