« 緊急通報のみ、となるとスマホも役立たず | トップページ | なかなかインデックスされないドメイン »

2012年8月10日 (金)

さくらインターネットのライトコースのPHPでWordPressを稼働させる温故知新

さくらインターネットのレンタルサーバはライトコース、超低価格コースということで、MySQLもPHPも無いから、WordPressを動かそうなんて考えもしなかった。この8月7日まで。しかし、世の中には奇特な先駆者様が大勢おられて、自分でPHPをインストールするなんて大技によって、WordPressを稼働させてきたという。

でもこれ、真似しようとは思いませんよ、普通。負け惜しみに聞こえたら半分当たっているからそれでもいいですけど、動的にコンテンツを生成するWordPressは低性能のサーバでは表示の際により長い時間を要することで問題を残す。だったら、MTOS (MovableType Open Source)であらかじめ静的にコンテンツを生成しておく方式のほうが適しているでしょう。

だから、たとえライトコースがPHPをサポートしますなんてことになったとしても、それに飛びつくのはあまり賢明なこととはいえない、はずだったのだが。

そのはずだったのだが、それはまさか本当にPHPをサーバ側で用意してくれるなんて日が来るなんて夢にも思わなかったからであり、実際そのアナウンスをこの8月8日に何の前触れもなく受けとってみれば、ああ、なんということでしょう、早速WordPressのインストールを試し始める私がいるのでありました。

 

で、ライトコースでWordPressは、あっさり稼働するものなのか???

結論から言いましょう。はい、稼働しました。

1. index.phpを「さくらのファイルマネージャ」にて追加指定を忘れずに。
  「表示アドレスへの操作」→「アクセス設定」→「indexファイル」のところ

 
2. まずWordPress2.9.1PDO for WordPressでインストール。

   (参考→「まじめにWeb制作」さんの記事)。

 
3. ダッシュボードにてWordPress3.4.1にアップグレード。

これで、SQLiteを用いたWordPressがライトコースでも稼働します。
 ※ご活用は自己責任で。なにしろWordPressどころかMTOSさえ非対応とされているのですから。

 

結論はここまで。

 

箇条書きにまとめてみると大したことないのですが、実はインストールが完了するまで四苦八苦してしまいました。先駆者様達の残されたノウハウがあったにも関わらず。上記の初っ端の項目のように、細かい問題が後からあとから出てきて、心を挫くのです。もしかしたら徒労に終わるのでは、とか。だからこそ、「できたよ」という情報が一つでもあれば、とても勇気づけられたでしょう。この記事は、その最初の情報の一つにでもなればと思い、メモ、ぐらいの気持ちで残しました。

 

ただ、PHP無しでも動くってんだから、PHPがあればまあ、そりゃ動きますでしょう。どの程度の価値のあるトライアルだったかは、武士の情け、横に置いといて下さい。

 

さて、インハウスでSEOを、このところそういう声をよく聞きます。お金を出して買ったリンクが検索エンジンで評価されなくなりつつある昨今、それぞれ固有の存在価値をもつサテライトサイト群を、自社で立ち上げ維持してゆくほうが、コスト的にも成果的にもよろしいと判断されるようになってきた、ということになると思います。

このように複数のサイトを保有してSEOを行う場合、サーバの属性の多様性にも配慮しながら作業を進めることになります。その際、コスト的に本当にありがたい存在が、このライトコースです。

最近ではサイトの表示性能まで検索結果を左右すると取沙汰されています。表示の所要時間を考えれば、前述のとおり、静的にページを作っておくMTOSでサイトを構築しておいたほうが無難なのではあります。が、コンテンツの更新後に再構築する必要のないWordPressは、作業の時間と手間まで考えたときに有利であり、世界的にはWordPressのシェアが圧倒的であることも踏まえれば、このWordPressが比較的容易に使えるようになることで、ライトコースの存在価値がさらに増すことは間違いありません。

ただし、公式には、MTOSもWordPressも非対応となっています。自己責任でトラブルを自力解決してゆける人だけ、どうぞ、ということでしょう。

サイト表示スピード測定サイトで計測してみると、同じサーバ上で、MTOSが0.25秒、WordPressが0.47秒。1000件中約600位と670位と、あまり高速ではありません。同じコンテンツで比較してるわけでもないから大雑把な比較に過ぎませんが、傾向はこれでわかります。MTOSのほうがまだマシ。ただ、12倍の料金を取られるhetemlのMySQL+WordPressが0.5秒以上かかる(ガンガレheteml!)という看過できない状況を考えると、ライトコースのコストパフォーマンスはやっぱりすごい、ということができると思います。

« 緊急通報のみ、となるとスマホも役立たず | トップページ | なかなかインデックスされないドメイン »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 緊急通報のみ、となるとスマホも役立たず | トップページ | なかなかインデックスされないドメイン »

パソコントラブル?

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ