2016年8月19日 (金)

トラブルだけじゃないパソコンサポート

某メガバンク、そのネットバンキング。法人ユーザ様のご利用開始に際するサポートをさせていただいた。
 
 
マニュアルなるものが提供されてはいても、肝心なところはすっ飛ばして書いてあって、行間を読めみたいなことになってるから、一度泥沼にはまると自己解決は困難でしょうね。サポートセンターと連携して、出張サポートにてお手伝いする、というのは現実的な解決方法であったと思います。
 
 
ジャパンネットバンクのシンプルなワンタイムパスワードのトークンを使い慣れている身では、送信されてくるカラー2次元バーコードをカメラ付きトークンで読み取ってワンタイムパスワードを表示させ入力するというのは新鮮でしたね。え、知らなかったの、オックレッテルーなんて言われそうだけど。
 
 
さて、パソコンサポートの主な需要はトラブル対応にある。これは間違いありません。だけど、参入障壁が極めて低いから、新規参入者は後から後から出てくる。低価格競争をしかけられることもある。かつてアメリカが苦しみ、現在日本が苦しむ、コモディティ化の波。特にパソコン離れの趨勢もあって、需給のバランスが変わった。技術力を磨いてゆくより、大きめのチェーン店のフランチャイズになって、広告宣伝のメリットを享受する、という方向が有利になってきているのかもしれない。同じことをやっていては、スケールメリットあるフランチャイズ店に負けてしまうでしょうね。
 
 
ということで、差別化、高付加価値化です。
 
 
パソコンのベーシックな機能のサポートというのでなく、なんらかの専門性をもったサービス、これが一つの方向ではあるでしょう。さきほどのネットバンキングのサポート。これはサードパーティーの業者にとってはそれほど大きな市場ではないけど、ヒントにはなってますね。別にバンキングの専門知識が無くても、基本的な技術教育を受けていれば、ネット検索とサポートセンターの活用でなんとか問題は解決できる。お客様はご自分じゃ到底解決できない、あるいは解決に時間をかけられないと、お電話いただくわけですから、多少ばたばたしたところで、料金をいただけるサービスにはなっている。 
 
 
コンサルタントとは、お客様と共に学習してゆく職種です。そういう話も聞く。
 
 
こういう方向で、パソコンサポートもきっちりこなすのだけど、必要に応じて「パソコンサルタント」とでも呼べるようなミッションで、お客様のお役に立つ。具体的にどんなサービスとなるか、実際にやってみないとわからないのだけど、そういう意味では定額制という枠組みはうれしい。お客様のほうで、この程度の支出ならいいだろうと、過度の期待もなくご依頼いただけるかもしれない。それで最終的にご満足いただけたのなら、サービスメニューに加えてしまえばいいし、さらに一般化したサービスで訴求すればいい。
 
 
ということで、弊方のサービスも、一歩前へ。それで、広告だらけのブログってのも、そろそろ卒業の時期だと思うので、移転します。これまでのコンテンツはここに置いていきます。
 
 
新しいブログは、もしもし茅ヶ崎、です。変な名前ですか? 私も少々後悔してます。なにしろ、携帯電話のお店とちょっと名前がかぶるようで、この名前で検索してもなかなか出て来ないですから。
 
 
では、皆様の益々のご発展とご多幸とご健康をお祈り申し上げております。
 

2016年3月 2日 (水)

AIはファッションだよねと猫は遠くを見る目にて

 
AIと書いて愛と読む。
 
あるいは「あい」と読んで「Story」で知られるシンガーのAIさんを想起する。
 
または、医師にして小説家の海堂尊さんがその必要性を強く訴えて来られたことで知ることになった方も多いでしょう、オートプシー・イメージング。こちらはAiと略記するようですが。
 
いずれにせよ、まーたムリしちゃって。意地でも、人工知能と読まない。
 
それが、隠れAIerの嗜みです。
 
隠れキリシタンならぬ隠れAIer。
 
あなたの専門は何ですか。そう尋ねられて、人工知能です、そう答えるのは勇気がいりました。しかし2010年以降は、これが胸を張ってできるようになりました。深層学習と呼ばれる技術が驚異的な成果をあげてくれたおかげです。IBMのWatsonがクイズ番組ジェパディーで人間に勝ってくれたおかげです。Googleの自動運転車が注目され、iPhoneのSiriが評判となったおかげです。
 
日本でも、ロボットタクシーの公道実証実験が始まりました。それも、藤沢市で。報じられる映像の背後に映りこむイオンは、湘南ライフタウンのイオン藤沢店でしょうか。
 
湘南地域には、隠れてるかどうかは別にして、AIerさんは多くおいでのことと存じます。かつて「第五世代コンピュータ」国家プロジェクトに関わられた、とか、企業にてエキスパートシステムなるAIアプリケーション開発に従事された、とか。
 
その後の氷河期を経験してAIはもう懲り懲りですと考えるのも無理は無いです。一方で、まさかまたブームが来るとは思わなかったと、大チャンス、あるいはやり残した宿題をフィニッシュする機会と捉えるか。人それぞれでしょうね。
 
私は、チャンスと考えます。
 
事情を知るお客様のなかには、今やってるパソコンサポートサービスを放り出すのかと、お尋ねの方もおいででした。いいえ、続けます。きっちりと。ずっと。動ける間は這ってでも。
 
何しろ、AIはファッションです。モードです。流行は繰り返す。技術は変遷する。また氷河期が来る可能性は小さくありません。地域密着系の地味でコモディティな商売と組み合わせるのは、生き残り戦略として悪くないでしょう。けど、パソコンサポートって、AIが普及する段階で真っ先に奪われる仕事っぽいですよね。AIによって最初に失業するのがAIerだなんて、なんとも皮肉なことですね。
 
ということで、AIerがすなる、パソコン出張サポート。それなりにナチュラルなポートフォリオの形をしてると思います。ややこしい事情は透明性を確保しながらも背後において、わかりやすさを訴求したのが「猫型」です。今後ともご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。

2015年11月19日 (木)

借りてきた猫がゆきます茅ヶ崎ラスカ内覧会

入場待ちの列は、茅ヶ崎駅改札正面のエントランス前を先頭に、左から右へ。ショーウインドウ越しに見える店員さんたちの表情が明るい。目がキラキラしてますよ。
 
そりゃそうでしょう。
 
多くの茅ヶ崎市民が待ちに待った、期待に胸躍らせる増床リニューアルオープンなのですから。いや、グランドオープンは明日(11/20)10時。本日は、内覧会。
 
プレスや鉄道・開発そしてテナント関係者はとっくの昔に入場してましたけど、私たち一般客は12時半開場、16時終了。時間との闘いと勘違いした同行者の、はやくはやくの意を汲んで、正午過ぎに列に加わったのです。見渡せば、列の前にも後ろにも目に入るのは、センスのよいご婦人方ばかり。やってしまった、居心地の悪い時間になるか、と思えば、さにあらず。
 
ビジネススーツの皆様が闊歩する、駅ビルとしては非日常的な光景。これがエトランジェな疎外感から私たちを救ってくれたと言えましょう。
 
大混雑は明日から。
 
フロアの人口密度が低く、客が一人通りかかると、ご利用下さい、とか、お一ついかがですかと爪楊枝があちこちから伸びて来たりで、こういうのに慣れてなければ、、ビビッて、過剰反応して、それが相手にも伝わって、妙な緊張感がハウリングすることになりまする。
 
体力消耗。疲労困憊。1時間ほどで退散です。
 
自分へのお土産として、わたくしは改札前の、おフランスのパン屋さんで、おかずパンを買ってきたのです。620円です。茅ヶ崎市民文化会館小ホールの舞台から飛び降りるぐらいの勇気が必要な値段です。
 
食べ始めて最初のうち、なんだか地味なパンだね、固いしごわごわしてるし、味にパンチが無いね、なんて怪訝に思っておりました。そして食べ進むうち、わかってきたのです。これは本物なのだと。いや、わたくしがホンモノのグルメじゃないから理解できず、ってことじゃなくて、まっとうな素材をまっとうに調理するとこうなるのだな、と。
 
まず、ずっしり重い。そして、噛みごたえがあるのです。風味は、じわっと伝わってくる。そしてなんだか、幸福感があるのです。
 
茅ヶ崎ラスカの一階には、アンデルセンもあります。こちらのバゲット類も美味いですね。これにハムとチーズと野菜を挟んだパリジャンサンドが、わたくしの一番のお気に入りです。同じフランス由来のパンでも、2つの店で、まったく異なる味わい。競合に見えない。違う食べ物に感じられます。
 
イメージ先行とか揶揄されながらも、ここのところイメージに実質がやっと追いついてきて、本当にオサレな茅ヶ崎が出来てきているようで、わたくしは本当に嬉しいのです。

2015年11月18日 (水)

茅ヶ崎ラスカのプレプレオープン

正直なところ、不便でした。
 
茅ヶ崎ラスカは増床工事中。半年のお休みだったのです。
 
昨年、平塚ラスカがリニューアル工事でした。このときも、わたくしは困っていたのです。B1F紀伊国屋さまで、山口県A酒造のD祭が買えるよねと、密やかな楽しみにしておりましたから。
 
オサレな茅ヶ崎です。そういうことになってます。でも、買い物は選択肢が限られておりました。
 
なんとなれば、ネットスーパーにて比較して御覧なさい。某社湘南台店と、茅ヶ崎店の品揃え。湘南台店には、二万円超の森伊蔵がある。茅ヶ崎店には、白州すら無い。
 
湘南海岸沿いのレストランでは、バンのおともにオリーブオイルとバルサミコが普通に出てくる。だけど、バルサミコは、ここらのスーパーで買えると思ったら大間違い。何種類も置いてるなんていうのは、駅ビルのラスカにある、あのS城I井だけ、という状況だったのです。
 
この半年の臥薪嘗胆は、どれほど茅ヶ崎駅ビルが大切か、それを思い知らせる試練の日々としてセットされたわけでもないでしょう。私たち茅ヶ崎市民だって、いや、別に横浜高島屋とか買いにいくからいいですけど、そういう距離感を再確認する機会になったかもしれません。
 
しかし、です。
 
茅ヶ崎駅の改札を出ると、そこには、見たこともない、超オサレな、おフランスの、パン屋さんがあるのです。今日は、いかにもフランス人という方がいらっしゃいましたよ。予行演習ですね。ご指導なのでしょう。
 
おフランスのブーランジェリーでおかずパン。わたくしはあまり見たことないんです。でも、エディアールとかフォションとか総菜屋さんと合体ですっ、てニュアンスならそれもまた楽しみです。いえいえ要するにベーカリカフェです、というのなら、例えばボストンに渡航された諸兄が入り浸ることになるとされるオーボンパンの佇まいが脳裏を駆け巡ります。サブウェイのサブマリンサンドを思わせる商品がドル箱になるような気もしないではないですが、それでもやはり、期待に胸ときめかせておりますのです。
 
明日(11/19)は、茅ヶ崎ラスカのプレオープンです。
 
別にお得意さんでも関係者でもなんでもないんですけど、なぜか、家族がインビテーションのカードを持ってる。となれば、お出かけしないわけにはまいりますまい。
 
結果は、明日、ここにて報告予定ですので。

2015年7月29日 (水)

Windows10サポートはじめました

Windows10のサポート、お任せ下さい。
 
 
※ とはいえ、アップグレードは慎重に。時間もかかるしリスクはあるし。
 
本日、7月29日、Windows10への無償アップグレード、開始初日。
 
だけど、そんなにすんなりうまく行くとは限らない、ということのようです。
 
サポートの存在価値が際立つこと、喜んでいいのやらよろしくないのやら。
 
例えば、弊方のNECデスクトップ。フルハイビジョンモニタが、当初、昔懐かしい小さな画面で表示なんてことになってる。さらに、121ポップアップのアプリに互換性が無くて、パソコンを起動するたびにエラーメッセージが表示されてウザいです。これをアンインストールしようとしても、互換性が無いという拒絶のメッセージにて、プチ袋小路化。結局、外部のアンインストール専用ソフトが必要となった。WinDVD BDforNEC起動しなくなったけど、WindowsDVDプレイヤーなる初対面のアプリでDVD鑑賞はできたからまいっか。などなど。
 
修行が足りません。
 
 
そもそも、Windows Update経由でアップグレート、順番が来るまで待ちますよ、てことになると、いつになるやらわかりません。弊方のWindows8.1機はすぐ更新開始となったけど、何度も何度も失敗していた。こういう経緯が、履歴を見てわかった。さらにいえば、弊Windows7機群については、何の音沙汰もない。
 
ということで、待てないあなたのために、今回はWindows10のISOイメージが公開となってます。私も早速、ダウンロード。今このブログは、Windows7→Winows10上のMicrosoft Edge(IE後継ね)で書いております。
 
貴兄もいずれ、無償アップグレードの1年の期間内に、Windows10への移行を御決断されるでしょう。経済合理性から。でも、実施は何も今でなくてもいい。石橋を叩いて、誰かの後から渡る、みたいな。それでも待てずに着手して、トラブル、こういう場合は、マッチポンプだなんておっしゃらず、パソコン出張サポートサービスをご活用下さい。進退窮まる状況で、「助かる」度合い「大」のわりに、サポート料金て手頃だよね、そう実感いただけると思います。
 

2015年6月12日 (金)

特需と白麹と茅ヶ崎の聖地の早朝

Windows10がもうすぐ7月29日に発売です。

 

関連業界の方々は皆様、特需、これを期待されて心待ちにされておられることでしょう。

 

パソコン出張サポートなどという、業界の裾野もさらに端っこロングテールの辺境のほうの鄙に身を置く、そのわたくしとて、例外ではございません。アプリ開発者様はじめ、心あるエンジニア諸兄におかれましては、お試し版、もとい、Insider Preview版Build10130で機能や操作性を隅々に至るまでこと細かくチェックされておられることと存じます。

 

一方、こちら辺縁系。トラブルを解決してなんぼのサポート側です。目の付けどころがちょっと斜め上、というか微妙に下かな。必然でございましょうね。セーフモードはどうなってるのかいなと、とか、そこでスタートメニューが表示されない(わたしのマシンでは事実こうなってしまってますので)場合の回避テク、とか、天の邪鬼のわたくしなり、へそ曲がりなアプローチにて、準備に勤しむ。そんな今日この頃なのでございます。

 

さて、お試し版Windows10ですから、未完成品、対峙すればそりゃ消耗します。そのストレスフルな気分をリフレッシュせんと、先立つもの無き美食団を自称するわたくしは、今日も嗜む程度には。夏は基本、氷温ゲヴュルツトラミネールと決めてますが、旬のものがあるというのであれば、いかなる種類も捕獲に動くに吝かではございません。ただ、日頃からお財布の風通し良好の美徳から、休肝日だらけとなるのが健康の秘訣です。プレミアムな銘柄も定価で調達する、これは必須のスキルですね。

 

昨日は、田酒の新製品、「白」。夏酒。一部白麹の純米吟醸生酒。偶然手に入って、早速呑んでみたのです。春恒例、田酒のスパークリングワインとでも呼ぶべき発泡にごり酒「外ヶ濱フラワースノー」(酒米に青森の華吹雪を使用)、それが今年は市場に出てこなかった。なるほど、かわりにこれ、新製品「白」(やっぱりお得意の華吹雪使用)を仕込んでいたのだねと、ポンっと膝をうつところでしょう。

 

おつまみは、夏の御約束、ナッツです。寒いオヤジギャグではなく、本当にこの季節、私はナッツだけでお酒を飲みます。美味しくてしかし喧嘩せず主役の味を引き立て、安い、健康にいい、ですから。

 

最初、封を切ったとき、ただよう上品な香りは、まさに田酒のそれ。だけど、口に入れたとたんに亜麻猫に化ける。フラットデザインの味、とでもいうのでしょうか。確かにわかりやすい美味しさなのですが、釈然としません。トレンドに媚びる必要など無き田酒ブランドだけに、これはあれだね、試作品だ。野心的な蔵元さんなら新たな挑戦の結果を市販することは歓迎されることはあっても非難されることはあまりない。試作品は夏に出る。幻か、オバケか、いずれも夏の風物詩。そう考えれば腹に落ちます。アナロジーです。Windows10のお試し版、みたいなもんですか、要するに。

 

※6月16日追記:田酒「白」を田酒らしい風味で楽しみたい諸兄へのご提案

氷温にして飲むと、ヤクルトとかカルピスのような乳酸菌飲料風味が背後に引っ込んで、 ほのかな黄麹の香りがアクセントのまあるい旨み、いかにも華吹雪の田酒特別純米シリーズという味わいが奥から姿を現わします。深み、3D、奥行きです。香りのほうはちょっと弱くなりますけど、スパークリングワイン的な口当たりの良さとなって、あっという間に4合瓶が空になります。危険です。 

※7月5日さらに追記:ガラ酒、マニアック、ヲタ酒、にわかに理解はキツい

田酒「白」の妹分(?)、華吹雪と一部白麹こちらガス添(炭酸ガスを後から添加)、外ヶ濱MicroBubbleも試してみたのです。話のタネに。で、今、苦労して湘南海岸まで来たのにべた凪ぎ、みたいな気分。いや、単に私の口に合わないというだけかもしれない、そうお断りした上で個人的な感想。亜麻猫スパークより穏やか。上品、というより、うすい。酸味が2-D。甘さ前面、旨みはどこへ。日本酒のコアな魅力からはかけ離れてゆく方向性。日本酒ばっかり飲んでる人には面白いかもしれないけど、日常的に色々な選択肢を駆使する方々にとっては、食指の全然動かない亜種シャンパーニュと映りそう。フレシネあたりの低価格グローバルブランドの土俵で、甘くてチープなエントリータイプと分類されるようでは悲しい。もっとも、あまりに希少で、予備知識のない方の口に入る心配ほぼゼロ、これは救い。地元青森で先行発売されていたとされる姉貴分(?)NanoBubble、達人酒蛙殿の寸評も、褒めてるようには聞こえません。いや、もう忘れます。忘れて下さい。

※7月29日もっとさらに追記: 白麹は瓶火入れにて完成ということと解釈します。

田酒「白」純米吟醸の瓶火入れバージョンが登場したので、もいちどMicroBubbleとともに注文。比較試飲です。火入れで風味が安定したと感じます。すべて個人的印象ですけど。田酒「白」シリーズのゴールはここらへんか、と。特別純米シリーズに、甘酸っぱい風味を加えたバリエーション。夏の変化(へんげ)、かと。これはこれで定番としても面白いかな、と。MicroBubbleのほうは、残念ながら、やはり、好きになれませんでした。来年は手を出しません。

 

そして朝。お試し版の宴の夜を超えて残る疲労感を癒すために、歩きます。海岸無き海岸通りからスタートして、サザンオールスターズ茅ヶ崎ライブの会場、聖地、茅ヶ崎公園野球場を経て、湘南国道134号をまたぐ架橋からよく晴れた日には富士山の巨大な山容を眺め、海岸遊歩道サザンビーチを左手に、箱根の山並みを正面に見て、サザン通りを戻って来るという、早歩き30分のコースです。

 

朝の聖地では、立派な体格に成長したハシブトガラスの御一行様がお集まりです。ときに濁った声も聞こえてきてハシボソガラスも共存しているらしいとは思われますが、地上では総じて、ドサッドサッという特徴的な歩き方が目に付きます。海岸でも、地引網の副産物をトンビと競争です。群れてますけど、群れる必要が無いぐらいに大型化してます。ヒトを恐がりません。危険です。刺激しないのが賢明でしょう。つい先日も、飛んでるスズメを格闘のあげくクチバシで捕獲という衝撃的な場面に出くわしました。海岸、そして聖地の電線の上に、朝日に向かって並んでいる黒い姿の集団を眺めていると、映画シティーオブエンジェルの一シーンを思い出します。ニコラスケイジ、黒づくめの天使が、天使の仲間たちと、海岸で朝日を迎えるという、毎朝の儀式の、あのシーンです。

 

さわやかな朝、ちょっとシュールな気分になるのも悪くないかも?

 

いや、勘弁してくれ。

2015年5月24日 (日)

歩く私のWindows10 Preview Build 10122のライセンス認証

湘南国際マラソン、なんとも贅沢なイベントです。

湘南海岸に隣接する国道134号を『封鎖』。2万4千人の市民が走ります。お正月には箱根駅伝でも中盤に登場する、あの風光明媚なコースです。

昨日20時から、その地元枠のエントリーがWeb上で開始となりました。開始と言っても、フルマラソンの申込は8分ほどで完売と噂されます。一瞬の勝負です。人気急上昇でご同慶の至りですが、競争させられるほうはたまったものではありません。

パソコンサポートといえば、一応IT、その道の専門です。あたしゃもっぱら歩くのが専門、走るのは専門外です。こう嘯いたとしても、家族から頼まれたエントリーに失敗すれば、面目丸つぶれ。それだけは避けようと、あたふたと掻き集め配置した機材、その中に、Windows10 Preview機があった、というところから今回の話が始まります。

Web上のエントリーは、物量と、情報武装で勝負が決します。大昔、2002FIFA日韓ワールドカップのチケット予約でも痛感しました。エントリー開始直前にやっとパソコンの前に座って、そのページを開きます、なんて無手勝流で勝ってきた貴兄は相当がよろしい。「持っている」お方とお見受けいたします。

さて、今回、私の懸念は、Windows10機でヒットしたら、正常にエントリーが完了するか、この一点です。なにしろ、お試し版です。運が良かったのかそうでなかったのか、結局他のWindows7機からエントリーは完了できたので、ほっとして、せっかくだからとWindows10機でも更新をチェックしてみると、出て来る出て来る。

 

もうすぐ完了しますよ

的表示から

ご免いつもより時間かかっとる

型メッセージに豹変。その後が大変。

 

→→→ここからちょっとテッキーな話です。適宜スキップして下さい。

さらに長い時間を経て、Build10122(5月20日米国リリース)というバージョンになった。そして、ライセンス認証してくれ、と。

放っておくと使えなくなる、という少々剣呑な類のメッセージです。で、どうしたら解決したか、というのが本記事のキモです。

   

「スタートメニュー」→「すべてのアプリ」→「Windowsシステムツール」→「コマンドプロンプト」を右クリック「管理者として実行」

このコンソール画面にて、参照記事にあるように、

  cscript slmgr.vbs /ipk PBHCJ-Q2NYD-2PX34-T2TD6-233PK
  cscript slmgr.vbs /ato

そして再起動。

あくまで、私の場合は、ということです。この情報のご利用は自己責任で。少しでもあなたのお役に立てば幸甚でございます。

 ここまでちょっとオタッキーな話で恐縮でした、スキップここまで←

 

さて、湘南国際マラソン当日は、交通機関等はその影響でガタガタになります。

なにしろ湘南国道が封鎖ですから。

 

移動してなんぼのパソコンサポート、業務でとっても

困る

かといえば、

さにあらず

 

何しろ、歩きなれてます。

東京マラソンのコース42.195kmも

歩いて踏破ですから。

自慢になりませんね。

2015年3月23日 (月)

美食は知性に寄り添う

日本一本を読むパソコンサポートです。

などと勝手に標榜する私です。検証したわけではございません。

 

年間に読む千冊以上の本の大部分を、公共の図書館に依存しています。たいして儲からない商売をしているのであれば、これは自明ではありましょう。その私が、最も頻繁にお世話になっている茅ヶ崎市立図書館本館、その斜め前。新築マンションの1階。しばらく前から瀟洒な新規店舗の外装工事が進められておりました。張り出した青いテントに書かれた「Charcuteria」という文字列から、辛うじて、豚肉にフォーカスしたお店であるとは想像ができます。

 

先立つものは無いけど美食には興味津々の私は、オープン後最初の日曜日、図書館の帰りに、その店「AperoTon」に寄ってみた。その顛末です。

湘南シャルキュトリー、カフェ&ワインバルというキャッチフレーズに違わず、アペロトンは上品で湘南らしい清々しい雰囲気のお店ですねとの第一印象です。外から見た茅ヶ崎、的な。現実の茅ヶ崎からはかけ離れてますけど。オッサンには少々居心地があれで汗かきます。一言でいえば、イートインとテイクアウトを組み合わせた、デリ、ということになると思います。だけどポイントは、豚肉加工食品の専門店、というところ。平塚に本社を置く株式会社フリーデンさんのお店で、ある種のアンテナショップかもしれません。

 

フリーデンさんはグループ内に、和食の「豚肉創作料理やまと」というブランドで、銀座本店のほか、南青山店、さらにランドマークタワー店の3店舗があり、また、ネットショップも営業されてるようです。でも、違ってたらご免なさい、西洋風のリアル店舗、というのはアペロトンが初めてとなるのかもしれません。だとすれば、実験、みたいな側面があっても不思議ではありますまい。

 

精肉業者さんが飲食店舗を併設する例としては、藤沢市片瀬山の尾島肉店さんがかねてよりよく知られています。でも、畜産から取り組む食肉メーカーさんが、養豚から加工そして販売サービスまで、垂直統合となると、これは最近流行の6次産業というか、なにかすごいことになっているのかもしれません。ふと意識にのぼってくるのは、TPPです。関係があるのでしょうか。

 

さて、アぺロトンさんの話でしたね。商標Aperotonが昨夏に登録済み、用意周到、満を持してということと思いますが、ネーミングのセンスだけは、きっと趣味の分かれるところ。強みをわかりやすく訴求できているし、記憶に残りやすいから、個人的には好きなタイプです。

 

定休日は月曜日で、図書館と同じです。千円以上のご利用で、図書館横の有料駐車場の30分サービス券をくれるとレジに張り紙があります。溢るる知性美食の快楽は近い関係にありますよね。ついでに空間的にも、というのがすごい。

グランドオープンは4月で、まだ仮オープンらしいのです。初めて入った店では、サンプラー、のようなものがないのかたずねるのが、私のいつもの行動です。まずは俯瞰。機内食でビーフオアチキンと聞かれてボースと答えている人がいたら、私かもしれません。サンプラーは、世に言う、お試しセットですね。今回は、それに近いものということで、オードブル(小)を注文しました。お財布に優しい税込2千円弱。一番のご自慢とお見受けします「やまと豚のロースト」や「パテドカンパーニュ」、そしてパルマ産の生ハムなどなどが組み合わされます。パテドカンパーニュは家族に好評であり、そのほかも私には出羽桜生原酒のアテ(フレッシュ系ぽん酒のおつまみですな)として大変満足のゆくものでした。

※ 注文時にオードブルの写真を見る事ができれば、もっとよかったなと感じました。アイテムの名前と説明、お品書きのようなものがついてくると、きっと、嬉し涙がちょちょ切れます。

パテドカンパーニュは一般にはレバーを使った料理とされますので、プリン体が気になる方、わたしも含めて、注意が必要な場合があります。一般的に、ということでケースバイケースではありますが。

※ いうまでもございませんが、アぺロトンさんでは日本酒は出されておりません。少なくとも今のところ。

 

ご近所サザン通りには茅ヶ崎牛をプッシュするスーパーがあり、地元飲食店チェーンが鶏肉唐揚げ専門店を構え、さらには豚肉の焼肉専門店もあって、それらは総じて茅ヶ崎のリアリティを反映した質実剛健の佇まいとなっている。また、近隣にはみやじ豚とか湘南やまゆりポークなど、名をなしつつあるブランドもある。

 

対するに、茅ヶ崎で一番美しい通り(だと私は思っている)高砂通りに、平塚からの黒船でしょうか。いや、そう言ってしまっては語弊がありますね。一般消費者としてはメリットばかりなのですから。なにより、夢を持たせてくれる雰囲気が、いい。茅ヶ崎は本当はこういうオサレな街と思っててほしいんだけどね、そんな幻想を形にしてくれてます。

 

街としての注目度アップで訪問者激増、周りの店も潤うといういつもの茅ヶ崎の勝ちパターンに繋がってほしいところです。

 

図書館に行く楽しみがまたひとつ増えました。

2015年3月12日 (木)

みんなのHTTPS

独自SSLの敷居が下がったね、というお話。

こうして記事を書いてる私はといえば、IT苦手がデフォルトのオヤジ世代に違いないのですが、その苦手意識は過去にトライして努力空しく敗退したトラウマの蓄積が原因なのであって、もはやトライすらしなくなっているところに問題の本質があります。で、本題ですが、最近SEO(検索エンジン最適化の話ですね)業界あたりで話題沸騰のSSL(暗号化の件です)化なんて、その設定がいかにもややこしそうで、いや実際にかなり複雑なのですけど、食わず嫌いになってる。

でも、ここで一度、騙されと思って、今日あたり、試してみましょう。SSL化は、結構シンプルになってます。相手を間違えなければ。失敗しても高い授業料を払ったといえるほど損もしない。SSL証明書が900円で売ってて数分で手にできる時代です。難しいトコにはサーバー会社さんがたっぷり砂糖をまぶしておいてくれてて、知らないうちにするっと喉を通り、安価なSSL化がものの数十分で完了してしまったりする。

余計なことを考えなければ、ですけど。

ひとたび脇道にそれると、そこはそれ、密林が待ってるわけです。わたしがそこで払った授業料は、SSL証明書2つ分。一昔であればSSL証明書って6万円ぐらいしたでしょうか。今回のはひとつ900円だからこそ、やんちゃな実験もできるというものです。

今夏には無料のSSL証明書が配布されると報じられています。今までも無料のはあったけど、紹介記事を読む限り、一般ユーザがおいそれと手を出せるほど簡単な代物には見えません。今回、SSL化の敷居が一気に下がったように感じるのは、やはりサーバー会社様が、使える証明書の出自を問わず、というようなスタンスで、ベストセラー価格帯に料金増額無しでSSL化できるサービスを提供してくれたところ、ここがポイントなのだと思います。

夏まで待つ必要はありません。これはリスクヘッジです。ある日、ふと気がつくと競合他社のサイトのSSL化が進んでいて、相対的に自社サイトが不利になっている。そんな悪夢を未然に防ぐための、保険のようなものと考えることができるでしょう。新規サイトとして作り始められることをお薦めいたします。

2014年11月11日 (火)

お気に入りの増えすぎにご注意

意表を突いたネーミングで発表されたWindows10。その後、かなり盛り下がった展開となっているように感じてらっしゃる方もおられるかもしれません。

 

でも、気のせいです、きっと。

 

皆さん、Windows7で十分満足されておいでなのでしょうね。意表を突いた使い勝手で登場したWindows8/8.1は、企業ではまだ10%の普及率と伝えられます。そして今、私の目の前にはWindows8.1とWindows7のデスクトップ機が並び鎮座しておりまして、このブログを書いているのはWindows7のほうです。見事な紺屋の白袴でございます。

 

さて、かねてより品質に懸念が取り沙汰されて来なかったわけでもないWindowsですが、今日は、この品質に関する話題です。

 

コンピュータプログラムは、アルゴリズムを素直に実装すれば作れる、というのも一つの考え方ですが、工業製品としてのソフトウエア製造ではちょっと様子が異なります。大雑把に言ってしまえば、アルゴリズムは数学の領域、ワン・トゥー・メニーの世界でございます。そして数学的に正しくても、データ数が1個2個と増え、10個を超えるともう計算量が膨れ上がって動かなくなる、そういうのはプログラミングの初級者のみならず、かなり年季の入ったベテランでも、私のように薹が立った仙人のような職人のようなアーキテクトくずれでも、やってしまう失敗といえます。

 

でも、最終的にそういう欠陥をもった製品が世に出る事態を避けるために、大量のデータを食わせる、耐久テストのようなことを行う。だから、製品レベルで、実用に堪えないほど簡単に計算量爆発なんてことは、起こらない、普通は。

 

で、本題です。Windowsに付属するWindows Explorerでは、一つのフォルダに千を超えるエントリがあったとしても、平然と表示する。なんとなれば、c:\windows\system32には三千超のエントリがあり、その表示に遅れは無い。一方、IE11では、お気に入りに千を超えるエントリがあった場合、1分以上動作を停止することがある。内部的にはどちらも同じコンポーネントを使って実装されているのではないかと思うのだけど、IE11のお気に入り表示では、各エントリに対して何らかの付加処理を行っているのでしょうか。1件の処理は一瞬でも、千件超となると、何らかの最適化をしていないと、意外や意外のトラブルとなりうる。

 

要するに、想定外、だったのでしょう。技術者なら、階層化する。ならば、一般ユーザも、一つのフォルダには数十件のエントリに抑えるはずだ、と。じゃないと使いにくいから。だけど、パソコンのユーザには色々の方がおられ、実際の使い方は多様です。もしかしたら、テストの段階での検討がもうちょっと必要だったかもしれません。ソフトウエア関連に従事する者の一人として、他山の石、自戒を含め、ここにメモさせていただきました。

2014年10月16日 (木)

電話帳ダイエット

今日のNHK「あさイチ」では、一日わずか4分で脂肪を燃やすという、タバタ式トレーニングなるダイエット法を紹介していた。本記事は、しかし、ペットボトルの代わりに電話帳を用いてダイエットする方法とかなんとかいう話ではないので、がっかりさせてしまって恐縮です。

今日のテーマは、タウンページ(電話帳)がスリムになった、という社会現象について。

固定電話の契約者数が減っているのだから、電話帳の配布数も減っていて、広告宣伝メディアとしての価値も下がってしまうのは、これ当然。だけど、広告料金が下がるかというと、そんなこともなかったぞ。今どき、サービスを探すならネットでググれということになるから、広告出稿のモチベーションも下がりますわな。

じゃあ、なんでお宅は、広告出稿してんのさ。自然な疑問です。パソコンサポートなんて、ググられてはじめてお役に立てる最たる業種でしょうに、と。ええ、はい、まあ、そうですね。やめる勇気が無いだけ。それだけのことです。正直なところ。今日は新しい電話帳が宅急便で届いたのですが(※広告主向けサービスです)、その見事に引き締まったボディーラインに萌え、ですわ。

細い、じゃあなくて、薄いっ。

薄い紙に変えたのかとページ数を見てみると、茅ヶ崎・藤沢市版が528頁→352頁(表紙裏表紙別)、平塚市版が432頁→232頁。これで次回更新は1年半後というから、平均的にはライバルが減ったとぬか喜ぶのは勝手だが、広告効率のより高いメディアというのが存在してライバルはそちらに資金投下しているという状況なら、後手後手ですね、と嘲笑されることとなる。

こうなったらもう、次は文庫サイズでどうだ、と。通勤通学の電車の中で、iPadのかわりに、偶には超コンパクト電話帳をブラウズする、ってのも粋じゃあないでしょうかね、と。

2014年10月 4日 (土)

Windows10の保守性安定性を心配する

Windows8.1は、PC慣れしたお客様にとっても10年以上もやってるようなサポート業者にとっても、いや~な壊れ方をする、ことがありますね。起動しないからセーフモードという次善の手段を試そうかなというのに、Windows8.1のセーフモードは、Windows8.1が正常に通常モードで起動してから、セーフモードへ行けと命令せよという、鬼のような、そういう困った設計になっている。

あたかも、鶏が先か、卵が先か。手詰まりとなって、ユーザはここで解決への選択肢を一つ失うことになる。保守の場面はあまり考えられてないのでは。舞台裏とか、楽屋とか、あんたら入って来なくていいですから、そう言われているかのような疎外感。最新製品では、壊れるとか不安定になるとか、そうことはもうあり得ないですので。そういう確固たる自信の発露であったのでしょうけどね。

ところで、Windows8.1の後継がWindows10と呼ばれること、昨月末に発表されましたね。プレビューも入手可能となっているのですが、これに伴いMS社から提供されたプレゼンの動画では、フィードバックをくれと、テストユーザの貢献が求められている。ポーズの意図も無いわけではなかろうが、この数か月で集めた意見を製品に反映するという。製品発売まで1年ぐらいしかないね、慌しい話であるね、と。保守性と安定性がおざなりにされるパターンにならないかねと、不安になって来るものです。

そりゃね、WindowsMEなんてのが売ってた時代から考えれば、Windows7は随分と安定した「良い子」であると、これは間違いないです。だけどね、そのWindows7ですら、時として、インストールメディアを持ち出して手動のスタートアップ修復をかけるなんてことが必要になってましたね。ちょっと時代遅れではございませんか。光学ディスクドライブなんてついてない機種も多いというのに。

Windows10のデモを見る限り、オイラはWindows7のままでいいかな、そう感じるユーザが少ないということにはならんでしょうね。だけど、第二回東京五輪の年の1月にWindows7はサポート期限切れとなって、この4月のWindowsXPの悲劇をまた繰り返すことになる。そのとき後継候補の1つとなろうWindows10の操作が、Windows7に近い(少しだけ先祖返りした)、というのは、ご同慶の至りでございます。

それにしても、である。「Seven ate nine」とギャグでお茶を濁してはいたという。だけど、Mac OS Xより「一つ少ない」という状態を嫌がった、というのは無かったのだろうか。

«縦のものを横にするtips

パソコントラブル?

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ